Archive for 12月, 2014

MZK-1200DHP(SC) 入手

プラネックスコミュニケーションズのMZK-1200DHP(SC)を入手しました。
MZK-1200DHP(SC)
良く調べずMZK-1200DHP(SC)を購入して、後からMZK-1200DHPとMZK-1200DHP(SC)の2種類があることを知りました。
MZK-1200DHP(SC)は「無線LAN中継機(エクステンダー)」でした。
機能の違いとしてはMZK-1200DHPに中継機能を追加したものがMZK-1200DHP(SC)とみて良いようです。なので、今回は事なきを得ました。
MZK-1200DHP(SC)は出荷時の設定がエクステンダーになっています。

使用目的はルーターと無線LAN親機だったので目的は果たせました。
設定は現代的なwebインタフェースでも行えますが、旧来型のよくある詳細設定インタフェースも残っています。
とは言え、この機種の設定(機能?)にはちょっと不満でした。
WAN側のMACアドレス設定が出来ませんでした。
現在使用しているモデム環境の場合、MACアドレスが変更されるとインターネットに1時間ほどアクセスできなくなってしまいます。この機能は是非残して欲しかったです。
VPN(PPTP)機能、ログ機能もありません。
ログ機能は上手く動かない時にはその理由の理解には大変役に立ちます。

シンプルで設定しやすい反面、凝ったことは出来ません。
普段使いに足りないものは特に無いのでこの様な機能でも良いのでしょう。

ルーターと無線LAN親機としては何ら問題なく使用できています。
安定性は十分です。

No Comments »

Raspberry Piで使えるWiFi Dongle 3

SSIDの通知を無効にしている場合デフォルト設定ではアクセスポイントに接続できません。
接続させるには
wpa_supplicant.conf
ファイルの中の設定項目に
scan_ssid=1
を追記します。
これでSSIDの通知を無効にしているアクセスポイントにも接続できるようになります。

No Comments »

日本と世界の日の出日の入り時間情報 ページ改良7

日本と世界の日の出日の入り時間情報ページを改良しました。

緯度経度からタイムゾーンの推定が出来る様になったのでその機能を実装しました。
今までより快適に使用出来る様になったと思います。

No Comments »

Raspberry Piで使えるWiFi Dongle 2

日本のRS Componentsのサイトからも見ることができるRaspberry Piのデータシートにアクセサリーとして載っているWiFi dongle(RS part no 760-3621)というものがあります。
EW-7811Un
日本のサイトで「760-3621」を検索をすると取り扱いがないらしく「760-3621 に対する検索結果は見つかりませんでした。」となります。
UKのサイトでは取り扱いがあり「Edimax 2.4 GHz USB 2.0 Wireless Adapter, Up to 150Mbit/s (802.11b, 802.11g, 802.11n)」が見つかります。
そしてそこにあるDatasheetをみるとEdimax Technologyの「150Mbps Wireless IEEE802.11b/g/n nano USB Adapter EW-7811Un」であることが紹介されています。
さらにEW-7811Unを調べてみるとこのDongleはRealtek RTL8188CUSを使用していることがわかりました。

そうです。Realtek RTL8188CUSといえばPLANEX GW-USNANO2Aと同じチップセットです。
Raspberry Piに挿せばすんなりと動くということにはこんな理由があるようです。

No Comments »

Raspberry Piで使えるWiFi Dongle

Raspberry Piの無線化と、Raspberry Pi Model A+をネットワークに接続すべくWiFi Dongleを探しました。
候補にしたものは
BUFFALO WLI-UC-GNM
PLANEX GW-USNANO2A
の2つです。
価格は圧倒的にWLI-UC-GNMが安いです。
評判としてはGW-USNANO2Aの方が良い感じです。
WLI-UC-GNMは発熱が多く長時間の安定稼働に向かないとの情報もありました。

結局、PLANEXのGW-USNANO2Aを使ってみることにしました。

GW-USNANO2AはRealtek RTL8188CUSを採用し11n/g/b対応、1T1Rアンテナで最大伝送速度は150Mbps、最大消費電力は5V/250mAとなっています。
RaspbianでRealtek RTL8188CUSを使用する場合、ドライバの準備が要らないのでとても簡単です。
準備は何もいらずまさにUSBポートに指すだけでした。
WLI-UC-GNMはRalink(現在はMediaTek) RT8070を採用しているようです。
こちらも指すだけで認識されるようです。

長時間、サーバーとして使用する場合はパワーマネジメントを切る必要があります。
パワーマネジメントを切るには
/etc/modprobe.d/8192cu.conf
というファイルを作り
中身を
options 8192cu rtw_power_mgnt=0 rtw_enusbss=1 rtw_ips_mode=1
とします。
これで再起動すれば作業完了です。

No Comments »

現在地の日の出日の入り時間 ページ改良

現在地の日の出日の入りの時刻がわかるページを改良しました。

今までは指定された位置(緯度経度)からタイムゾーン(グリニッジ標準時との時差)を推定する方法として、経度から計算していました。
しかし、元来タイムゾーンは計算できるものではなく、国や地域が決めているものです。

そこで新たにGeoNamesの都市の位置情報とタイムゾーンの情報を利用しタイムゾーンを取得するようにしました。
近くに都市が見つからない場合は今まで通り経度から計算してタイムゾーンを決めます。

日本国内でも最東端や最西端では計算ではJSTから外れてしまいますがこの方式の採用により違和感がかなり減ると思います。

No Comments »

WordPressをバージョンアップ (Version4.1へ)

WordPressをWordPress 4.1にバージョンアップしました。

No Comments »

Raspberry Piの新しいブラウザー

もはや新しい話ではありませんがRaspberry Piの最新バージョン(2014年9月9日版?)で新しいブラウザーが採用されたようです。
そのブラウザー名は「epiphany-browser」です。
sudo apt-get install epiphany-browser
でインストールできます。

No Comments »

Raspberry Pi Model A+ 到着

Raspberry Pi Model A+ が到着しました。
機能にはまったく無関係ですが、A+とB+の箱はずいぶん違います。B+の箱はラズベリーのイラストも入り可愛らしい箱でしたが、A+の箱は単なる真っ白い箱です。B+の様な遊びゴコロある箱の方が好みです。
A+は一般的なユーザーの使用を想定していないのかもしれません。

さて、早速通電です。
microSDカードはB+のカード内容をコピーして用意しました。
当たり前といえば当たり前ですが何の問題もなく起動しました。
使い方は…これから検討です。

No Comments »

Raspberry Pi Model A+ 注文

Raspberry Pi Model A+ を注文しました。
Raspberry Pi Model A+
色々探しましたが結局RS-Componentsからの購入です。

Raspberry Pi Model A+にはLANポートがありませんがWiFi USB Dongleでネットワークに接続させる予定です。
USBポートも1ポートのみですが運用時はWiFi USB Dongleのみを挿して使用します。
消費電力がRaspberry Pi史上最低のはずですがカタログスペックとしては5V 2Aを要求します。
いろいろは物が到着したら確認してみます。

No Comments »

WP Login