HA36Sで使用出来る純正交換タイプK&Nフィルタ

K&N からHA36Sで使用出来る純正交換タイプのフィルタが発売されました。
品番は「33-3084」です。

K&Nのフィルタは コットンにフィルターオイルを染み込ませた湿式フィルター です。
洗浄して再利用可能で、通常の使用方法では80,000km使用可能です。
純正交換タイプのフィルタでも数馬力のパワーアップが望めます。

メーカーサイトのリストプライスは $45.99 です。
アメリカのamazon.comでも購入できるので直接アメリカから購入するのもありです。

カテゴリー: クルマ関連 | コメントする

WordPressがバージョンアップ (Version5.2.2へ)

WordPressがWordPress 5.2.2にバージョンアップしました。

カテゴリー: WordPress, このサイト全般 | コメントする

WordPressがバージョンアップ (Version5.2.1へ)

WordPressがWordPress 5.2.1にバージョンアップしました。

カテゴリー: WordPress, このサイト全般 | コメントする

WordPressをバージョンアップ (Version5.2へ)

WordPressをWordPress 5.2にバージョンアップしました。

カテゴリー: WordPress, このサイト全般 | コメントする

トップページを強制https://化

トップページを強制https://化しました。

カテゴリー: このサイト全般 | コメントする

プラグイン「a3 Lazy Load」を有効に

このブログでプラグイン「a3 Lazy Load」を有効にしました。
あまりイメージが無いブログなので効果は薄いと思いますが、最近の流れは「オフスクリーン画像の遅延読み込み」らしいので対応です。

カテゴリー: WordPress, このサイト全般 | コメントする

今年は何歳? ページに令和を追加

今年は何歳?のページに令和を追加しました。

カテゴリー: このサイト全般, 更新記録 | コメントする

今年は何年? ページに令和を追加

今年は何年?のページに令和を追加しました。

カテゴリー: このサイト全般, 更新記録 | コメントする

ESP8266+ArduinoでHTTPS接続

いつかわからない以前はESP8266+Arduinoで特に気にせずにHTTPS接続が出来ていましたが、最近の2.5.0でリビルトすると…接続できなくなってしまいました。
WiFiClientSecure
を使う方法です。

ドキュメントを見ると最近の普通の接続方法は
client.setFingerprint(fingerprint);
の様な Fingerprint を使用する方法です。
Fingerprint はブラウザで取得する方法が容易ですが、そもそも組み込みで焼き込んでしまうESP8266のプログラムに有効期限がある Fingerprint を埋め込む方法は使用できません。

調べた結果以下の方法で以前の様に Fingerprint を使用しない方法が見つかりました。
インクルードは
#include <WiFiClientSecure.h>
を使用。
クライアントの宣言は
BearSSL::WiFiClientSecure client;
としてBearSSLのクライアントを使用。
そして接続前に
client.setInsecure();
としてX509証明書を確認しないようにします。
これで以前と同じ動作をするはずです。

カテゴリー: ESP8266 | コメントする

WordPressをバージョンアップ (Version5.1.1へ)

WordPressがWordPress 5.1.1にバージョンアップしました。

カテゴリー: web関連, WordPress | コメントする