WordPressがバージョンアップ (Version4.9.8へ)

WordPressがWordPress 4.9.7にバージョンアップしました。

No Comments »

WordPressがバージョンアップ (Version4.9.7へ)

WordPressがWordPress 4.9.7にバージョンアップしました。

No Comments »

ESP32をバッテリーで使用

ESP32をバッテリーで使用してみました。
ESP32にSHT21というI2C接続の温度湿度センサを接続し、10分に一度WiFi接続しサーバーに値を記録するという使い方です。
開発環境は、Arduinoで行いたかったのですが、省電力化したかったので細かい制御ができるESP-IDFで行いました。
DeepSleepModeは非常に省電力です。
WiFi接続を単3電池で行っても3ヶ月以上(まだ電池切れに至っていないので本当の電池切れは後日判明)持ちます。
テストすればわかりますが電池駆動の場合「Brownout Detector」を有効にしてはいけません。リセットループに入りあっという間(1日程度)で電池が無くなります。電池でもうまくいきそうな機能ですが残念ながら使用出来ませんでした。
ESP32を電池駆動する場合、結線をする必要がありますが内蔵ADCで電源電圧を測ることが出来ます。(vdd33を直接測定出来る様な記載がマニュアルにありますがソフト的に使い方がわからず結線をして測定をしました) 電池電圧がわかると電池交換予測に使用出来ます。

電池でWiFiという使い方は消費電力の観点から難しいと思っていましたが、使い方の頻度が合えば便利に使うことが出来ます。

No Comments »

WordPressをバージョンアップ (Version4.9.6へ)

WordPressがWordPress 4.9.6にバージョンアップしました。

No Comments »

Google Maps APIがGoogle Maps Platformに

このサイトもGoogle Mapsのお世話になっています。
今まで非商用サイトなどにアクセス数を限定した場合は無料で使用出来る形をとってきました。
2018年6月11日から、すべてのアクセスは準有償的な登録が必要となりました。
このサイトでは年末年始以外の時期ならば余裕で無償の範囲ですし、よほどアクセスが多いサイト以外は影響はないのではないでしょうか。
また、このサイトは新しいGoogle Maps Platformに対応していますので引き続き何ら変わること無くお使いいただけます。

インターネットも熟成するにあたりいろいろと手堅い形になって行く様です。

No Comments »

WordPressをバージョンアップ (Version4.9.5へ)

WordPressがWordPress 4.9.5にバージョンアップしました。

No Comments »

BMP180とBMP280のI2Cコマンド

BOSCHの温度、湿度センサであるBMP180とBMP280のI2Cコマンドですがお互いに互換性はありません。
センサの置き換えの際はソフトウェアの変更が必要です。
BMP180はBMP085と機能互換性があります。

No Comments »

WordPressをバージョンアップ (Version4.9.4へ)

WordPressがWordPress 4.9.4にバージョンアップしました。

No Comments »

WordPressをバージョンアップ (Version4.9.3へ)

WordPressがWordPress 4.9.3にバージョンアップしました。

No Comments »

ESP32を入手

ESP32を入手しました。
ESP8266時代はArduinoで開発をしていました。
ESP32はArduinoでも開発ができますが、本家の開発ツールであるESP-IDFを使うと制限無く開発が行なえます。
Windows環境の場合、ESP-IDFはLinuxのエミュレータをWindows上で動かしその中でESP-IDFを実行することになります。
ほぼブランクのプロジェクトをコンパイルする場合でも圧倒的にArduino環境の方が時間が短いです。
お手軽さはArduino、凝ったものはESP-IDFと使い分けることになりそうです。

No Comments »

WP Login