Archive for the ‘旅行’ Category

飛行機内Wi-Fiが戻ってきました!

2004年辺りから2006年まで Connexion by Boeing と言われる航空機内インターネット接続サービスが存在していました。
当時は現在のようなスマートフォンやタブレットは存在せずノートPCをターゲットとしたサービスでした。
それでも、離陸してしまうと外界と隔離されてしまう航空機内をほぼ常に外部とアクセスできる状態と出来るインターネットアクセスサービスは画期的な存在でした。
サービス当時利用したことがありますが、速度はそれほどでもなく、機体の傾きが変わると通信が一時途絶するなどいくらかの問題もありました。
Connexion by Boeingのサービス中止からずいぶんと時間が経ちましたがまた再び飛行機内Wi-Fiが戻ってきました。

今回利用したサービスはGogoが提供するサービスです。
利用料金はPCとスマートフォンで異なっていました。
離陸後5分後くらいから使用出来るとの案内でしたが、不慣れなこともありインターネットが利用できるまでにはちょっと手間取りました。
機内ポータルサイトもあるようでしたが、インターネットに接続してしまうと機内ポータル戻れなくなってしまいました。
時間が限られていたこともありあまり堪能できませんでした。
通信速度はあまり早くない印象でした。また、安定して通信し続けられる感じではなく小出しに通信が出来ている感じがしました。
帯域を有効に使う為か画像は圧縮される様です。

単なる待ち時間であった機内での時間が普段の生活の延長線の時間になります。
航空機内のインターネットはほんとうに便利です。

No Comments »

シンガポールのカルフール

今更ですがシンガポールのカルフールがシンガポールから撤退することを知りました。
シンガポールに行っている時にはサンテック・シティ・モール店を何度も便利に利用していたのでちょっと残念です。
日本からも撤退し、シンガポールからも撤退し、どんどん行きにくくなってしまいます。
フランスでは頑張って下さい!

No Comments »

シンガポールのバス事情

よくシンガポールで一般旅行客がバスを使うのは難しいといわれています。
難しい要因となっているのは
1.意外とバス停を見つけにくいこと
2.バスの路線があまりにもたくさんあり、さらに行き先が地名で書いてあるためわかりにくいこと
3.バスに乗る時に行き先を運転手に伝えて、お釣りが無い様に料金箱にお金を入れる必要があること
4.車内のアナウンスが全く無いこと
5.降りる時には自分でボタンを押して降りなくてはならないこと(車内アナウンスが無いので知らない場所で降りるのは難しい)
などがあり敬遠しがちな存在でした。
それでもシンガポールのバスは国内いたるところへくまなく運行されていること、運行間隔が頻繁であること、費用がとても安いことなどから利用できるならば利用したい交通手段です。

でも少しずつ状況が変わり旅行者にも利用しやすくなって来ました。
運賃はez-link cardsといわれるプリペイドカードで払うことが出来ます。このカードを使えば乗る時に「ピッ」降りる時に「ピッ」をすればそれだけで済みます。とても簡単です。
地理的な問題点はAndroidに代表されるスマートフォン+GPSが大いなる味方になってくれます。
GoogleMapsにはバス停が載っていて更にバス停をクリックするとそのバス停を通るバスの種類、行き先、時刻表が見れます。
バスに乗っても自分がどこにいるのかがわかるので降りるバス停を逃すこともありません。

また、GoogleMapsのナビがバスにも対応していてどの番号のバスに乗るかも案内してくれます。
バスを活用してシンガポール滞在を楽しみましょう。

No Comments »

EZ-Link Card

EZ-Linkはシンガポールの公共の交通機関で使用出来る非接触ICカードです。
第1世代はSONYのFeliCaを使用していましたが2008年より第2世代のCEPASカードに移行しています。
初代のカードは2011年12月24日まで払い戻しが可能でした。
その後手数料がかかりますが払い戻し期間は延長されています。

新しいカードは少しばかりデザインが違います。

詳しくはhttp://www.ezlink.com.sgを見てみてください。

No Comments »

シンガポールのナイトサファリ

シンガポールには夜にしかオープンしない動物園があります。

開園は日没の時間です。(夜7時頃です。)
普通はトラムと言われる車にのって暗い園内を見て回ります。
日没の直後はまだ辺りは暗くありませんがトラムは暗くなるのを待って発車します。
園内はとても暗くまた工夫した展示方法のために動物をとても身近に感じるように見ることが出来ます。
一部草食動物は柵もないところにいるので触ることも出来るかもしれません。
歩いて園内を周ることも可能です。
トラムに普通に乗ってしまうと出口に到着してしまいます。
歩きで園内を回るならばトラムに乗るのはタイミングと場所は良く計画した方が良いでしょう。

行き帰りの足ですが楽なのはタクシーですがバスも悪くありません。
約15分間隔で運行しているのでタクシー乗り場で並ぶならバスの方が早く乗れるはずです。
MRTのAng Mo Kio駅行きとChoa Chu Kang駅行きのバスが出ています。
バスに乗るならばEZ-LinkやSingapore Tourist Passを手に入れておくととても便利です。

No Comments »

SingTel BroadBand on Mobile SIM

シンガポールを訪問した際にSingtelのBroadBand on Mobile SIMを入手した情報です。
SingtelのBroadBand on Mobile SIMは特定の日数の間、無制限のデータ通信が出来るSIMです。

空港の両替所ではSingTelのSIM(hi! card)の取り扱いはありましたがBroadBand on MobileのSIMは取り扱っていないと言われました。(この時聞いたのは1ヶ所の両替所だけです)
BroadBand on Mobile SIMの入手のためにBugis JunctionにあるSingTel shop Bugis Junctionに行きました。お店はParco Bugis Junctionの一階にあります。
金曜日の夜8時過ぎに行ったためなのかお店はものすごい人でした。(いつも混んでいるのかも知れませんが…)
入り口付近に受付がありますが、直接奥にある会計のところに行きBroadBand on Mobile SIMをお願いすれば入手出来ます。
通常サイズとマイクロサイズが有るようでどちらにするか聞いてきます。
今回は3daysのカードを購入しS$18でした。
購入の際にパスポートが必要です。スキャナでパスポートを読み取られます。
持ち歩く習慣の無い人は特に気を付けてください。
設定方法はカードのパッケージに同梱されている紙に書かれています。

設定は新しいAPNを作成しAPNに「hi-internet」と設定するだけです。
パスワード等もなく非常に簡単設定完了です。

このSIMを使用したのはAndroid 2.2の端末でした。
SingTelで接続するとちょっと変わった動作をします。通信待機時は通信のインジケーターが3Gとなりますが、データが流れ始めるとHとなりHSDPAに変わる動作をします。
テザリングが使用出来る端末ですが、なぜかUSB/WiFi共にテザリングがうまく動きませんでした。
速度に関しては期待してましたがあまり出ませんでした。下りで500kbpsくらいでした。
また、他の方の情報がありますが3daysのカードも3日を超えて使用出来ます。今回は夜から使用し始めてその日を1日目とすると帰国がしたのは4日目の午前中でした。出発直前まで問題無く使えていました。
日にち単位というよりは時間単位で使用期間を管理しているのかも知れません。

この文章を書くにあたり今一度BroadBand on Mobileの情報をSingTelのホームページを調べて見ましたが、そのものの情報は見つかりませんでした。プリペイド系はhi! Buddyに取って代わっていくのかも知れません。

No Comments »

シンガポールで食べたチキンライス

シンガポール滞在中に結果的に3食チキンライスを食べることが出来ました。
お店の名前はチャターボックス以外は控えていないのでわかりません。期待した方はごめんなさい。
フードコートの名前でおおよそわかるかと思います。

1食目 ブギスジャンクション

S$4
シンプルなよくあるチキンライス
だがぷるぷる感がとても良い感じ
結果的に一番おいしかった

2食目 フードオペラ

S$5
特に特徴を感じない癖のない味

3食目 チャターボックス

S$27+10%
有名な伝説のチキンライス
期待しすぎなのかあまり感動が無かった
チキンの量はとても多かった

結局3食チキンライスを食べましたが3食3様で更に他のお店でも食べてみたい感じでした。
付け合せに食べる茹で野菜のオイスターソース味もチキンライスにはとても良い感じです。
是非おすすめです。

No Comments »

シンガポールにある日本生まれのモノ

シンガポールには日本生まれのモノがいろいろあります。
特に街中で目につくのが日本発祥の食べ物屋さん。さまざまなお店がシンガポールに進出しています。看板等が完全に日本語のお店もありちょっとびっくりすることがあります。
その他スーパーにも日本語表記のままの商品がかなりありこちらもびっくりします。
日本で有名な100円ショップもあります。商品はほぼ日本で売られているパッケージで日本語のままです。100円ではなくS$2の様でした…
意外と日本モノは受け入れられているようです。

No Comments »

シンガポール訪問の際の換金

シンガポール訪問の際の換金についての情報です。
日本で換金していかない方が賢明です。日本での換金レートはかなり悪いです。シンガポール国内の換金レートはとても良心的です。
シンガポールのチャンギ国際空港には両替所がいくつもあり容易に換金が出来ます。
到着後入国審査の前に換金することも、荷物を受け取った後、空港内で換金することも可能です。
日本の空港のように何かの用紙に記載する必要もなくお金を渡せばシンガポールドルが手に入ります。
また、街中にもいたるところに両替所があり昼間であれば両替に困ることはありません。
チップの文化もありませんので前もってシンガポールドルを用意していく必要はありません。

No Comments »

WP Login