Archive for 8月, 2013

海外向けNexus4値下げ

日本国内でやっと発売されたGoogleのNexus4ですが海外では値下げとの事です。
8GBモデルが299ドルから199ドル、16GBモデルが349ドルから249ドルと大幅に安くなっています。
ぜひ日本国内でもこのくらいの価格で販売してもらいたいものです。

No Comments »

Nexus4がついに日本発売決定

GoogleのNexus4がついに日本での発売が決定したようです。
発売は正統派のGoogle Playではなく販売店経由で販売されるようです。
プレスリリースはLGより出ています。
8月30日より販売開始です。

No Comments »

カーエアコンの配管を断熱加工

エアコンの効きが満足ではない軽をいじります。
インターネットにある先人達の知恵を見るとどうやら「低圧側」の配管を断熱することでエアコンの効きが良くなるとの情報が出てきます。否定的な意見もありますが実際に断熱加工をした人は満足している人が多いように見えます。
今回ターゲットとしているクルマと同形車で実際に断熱加工を行った方がいて「すげぇ冷える!」とコメントされています。

断熱加工に使う物は比較的お手軽な物ばかりです。
作業に使用する物は
・アルミガラスクロステープ
・ゴムガスホース用アルミカバー
・断熱材
くらいです。
いじる対象が古い軽なので実際にはいくらか断熱材が巻いてありました。(この頃はまだコスト最優先ではなかったのでしょう)
現代的なクルマはコスト重視なので何もしてない場合が多いとのことです。

早速作業にかかりますが、残念なことにボンネットを開けるだけでは「低圧側」の配管はほとんど見えません。
これでは配管に細工が出来ません。
あきらめて、フロントバンパーを外しました。
これで「低圧側」の配管の全長の60%くらいに手が届きます。
残りの部分はバッテリーの下を通りバルクヘッドから室内に続いていました。
この部分の長さは400mmくらいはありました。手間のかかる作業になりますが、バッテリーを下ろし、バッテリーが乗っていた金具を取り外しました。めったにいじらないところなのでホコリが溜まりとても汚い状態でした。ついでですが外せたので洗ってきれいにしました。

先人達の知恵に従って、アルミ管が露出している部分についてはきれいにしてからアルミガラスクロステープを巻きつけ、その上に断熱材を巻きつけ、ゴムガスホース用アルミカバーをしました。
その他の部分はアルミガラスクロステープを巻きつけその上にゴムガスホース用アルミカバーをしました。
アルミカバーは比較的固く形を作ってしまえば外れることも無さそうですがタイラップで数カ所を止めておきました。

すすけた古い車のエンジンルームに真新しいキラキラのアルミカバーが映えます。
断熱写真
バンパーを付けてしまうとほとんど見えなくなりますが見た目の満足度も高いDIYです。

肝心の効果ですが悪くはない感じです。外気温が高くなってもエアコンの効きが悪くなりにくい感じがします。
エアコンの効きが気になっている方にはオススメです。

No Comments »

アクセスカウンタ仕様変更

アクセスカウンタの仕様を変更しました。
今まで6桁固定としていましたが、ここの所アクセス数の増加から7桁に達する可能性が出てきました。
桁あふれにならないようにするため必要桁数で表示する仕様としました。
ページを閲覧して頂いている方には影響はまったくありません。

No Comments »

チャコールキャニスタ交換

F6Aのキャブ車ですが、暑い時期になってから信号待ちをするとガソリン臭が気になっていました。
車を止めてガソリン臭がする場所を探してみると、バルクヘッドの辺りにある丸いチューブが何本か刺さっている黒い樹脂容器辺りからニオイがします。
調べてみるとこの容器の正体がチャコールキャニスタでした。
それほど劣化する部品ではないようですが古い車ではやはりチャコールキャニスタが機能しなくなってガソリン臭がする場合があるようです。

ディーラーで部品のみを注文し自分で交換してみました。
交換は簡単です。5分はかかりません。
チャコールキャニスタ自体を上方向に引きぬくだけで工具無くクルマから外れます。
チューブは刺し間違えないように1本づつ差し替えました。
チャコールキャニスタ
写真は交換後のチャコールキャニスタです。
外した古い方のチャコールキャニスタのニオイを確認しましたがまったくガソリン臭はしません。
変える必要がなかったのかとも思いつつ新品のチャコールキャニスタに交換したままとしました。

結果としてはニオイは気にならなくなりました。
バラしてはいませんがチャコールキャニスタにチェックバルブ(逆止弁)が組み込まれているという話もあります。
もしかしたらチェックバルブが機能しなくなっていたのかもしれません。
円満解決となりました。

No Comments »

F6Aキャブ車夏場のエンジン始動方法2

夏場でも
1.一度アクセルを踏み込み
2.そして軽くアクセルを踏んで
3.セルモータを回す
の順番で始動させるととてもかかりが良いです。

夏場に関してはどのような状況でもアクセルを踏みながらセルモータを回すとかかりが良さそうです。

寒くなったらまたいろいろと試してみます。

No Comments »

DealExtremeからの荷物

最近DealExtremeからの荷物のルートが変わったようです。
トラッキング付きの荷物の場合、日本郵政のホームページから荷物の状況の追跡ができます。
以前、深セン発の荷物は成田の郵便局についていましたが最近は川崎の郵便局に到着します。
日数も中国発送後翌日到着でしたが今は4日程時間がかかっています。

最近購入し到着した荷物を見たところ「AIR MAIL」の表記がパッケージにあります。
船便に変わったのかとも思いましたがそうでもないみたいです。
ということは使われる航空便の到着地が成田から羽田に変わったということなのでしょうか。

No Comments »

旧正月に中華通販 続編7

2/9にfocalpriceに注文した商品はまだ届きません…
6ヶ月経ちました。
結局届きませんでした…
荷物はどこに行ってしまったのでしょうか…

No Comments »

WordPressをバージョンアップ (Version3.6へ)

WordPressをWordPress 3.6にバージョンアップしました。

No Comments »

「LifeWINK 車内モニター」入手

「LifeWINK 車内モニター」を入手しました。
品番は「N-LWM/B1」です。
LifeWINK車内モニター
組み合わせて使用出来るベースユニットの品番は現時点「N-LW/P4」と「N-LW/P4P」との事です。
サイズは94mm×30mm×30mmで重さも30gと小さく軽い感じです。
LEDは4つあります。3つがエンジン始動性能用で一つが警告表示用です。

単体での使い勝手はあまり良い感じではありませんでした。
残念なところはいつでもバッテリ状態を見れるわけではないことでした。
車内モニターがバッテリ状態を取得出来るのはエンジン始動直後のみです。
手順としてこの車内モニターをシガーソケット挿してからエンジン始動をします。
その後状態表示をしますが、エンジン始動性の性能表示LEDは数秒間しか点いていません。
その後はまったく点灯しません。

現代的なクルマでは動作しましたが古いキャブ車では通信が出来ないらしく動作しませんでした。
(どちらもN-LW/P4を装着されています)
動作しない時は単にLEDがつかないだけで何かエラーを表示するわけではありません。うまく動作していない様な感じはわかりますが何が起きているのかはわかりません。

スマートフォン接続で詳細情報が表示されるとの事ですが、手持ちのスマートフォンではAndroid OSのバージョンが低くアプリケーションがインストールすることすら出来ませんでした。要求されるAndroid OSのバージョンは4.0以降です。

このLifeWINKのベースユニットと車内モニターのセットはコンセプトとしてはとても良いと思います。
ただ、使用する状況をあまり良く考えて無い様に思えてなりません。
もしかすると常用する考えではなく時々使用するチェッカー用途として製品化しているのかもしれません。
常に挿しておいて正常時は付いていることすら忘れるくらい静かですが、交換時期や異常が発生した際にでしゃばって教えてくれるととても便利だと思います。

今回使用してみて以下の点はイマイチに感じています。
・状態表示をするためにはエンジンを始動しなければなりません。期待していたのは好きなタイミンで挿せばわかるという動作です。
・気がついた時に状態を見たいのに状態表示は数秒で消えてしまいます。
・ベースユニットより少ない表示LEDで状況表示が寂しいです。
・シガーソケットはもともとおしり側が使用者に向くように出来ており、この製品の固定されたLEDの向きでは非常に見えにくい場合があります。
・警告は表示だけです。音で知らせてくれる方が便利と思います。
・通信エラーなのかベースユニットが見つからないのかまったくわかりません。寡黙すぎです。

スマートフォンと組み合わせると感想は違うかもしれません。
期待が大きすぎたのかもしれません。
結局常用していません。
今の製品仕様ではボンネットを開けてベースユニットを見た方が良い様に思います。

No Comments »

WP Login