機内での電子機器使用規制が緩和

2014年9月1日から航空法に定める「安全阻害行為等」に関する大臣告示の改正があったとのことです。
この改正で使用時に電波を発生しない状態にある電子機器の使用制限はなくなりました。
電波を発するものでも特定の物(Bluetoothなど)は常時使用できる場合もあります(機体により条件があるようです)。
携帯電話も電源を切る必要はなく、機内モード設定とすれば常時使用出来るようになりました。
携帯電話としても離陸時はドアを閉めるまで、着陸時は滑走路へ着陸した後アナウンスがあった後すぐに使用することが出来るようになりました。通話に関しては航空会社によると思いますが控えるようなアナウンスがあります。この辺りは日本の航空会社らしい行動だと思います。

後は機内モードのOn/Offを勝手に制御してくれると忘れなくて良いかと思います。

カテゴリー: 航空関係 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください