Raspberry PiでI2Cを使うための準備

Raspberry Pi – Raspbian でI2Cを使うための準備方法です。
デフォルト設定ではI2Cは無効に設定されています。

1. /etc/modprobe.d/raspi-blacklist.conf ファイルの

#i2c-bcm2708
行の先頭に「#」を入れてコメントアウト

2. /etc/modules ファイルに

i2c_bcm2708
i2c-dev
行を追加

3. i2c_bcm2708,i2c-dev カネールモジュールを読み込み

sudo modprobe i2c_bcm2708
sudo modprobe i2c-dev

4. lsmod | grep i2c コマンドで実行されていることを確認

i2c_dev ??? 0
i2c_bcm2708 ??? 0

5. i2c関連のツールをインストール

sudo apt-get update
sudo apt-get install i2c-tools

以上で準備は完了です。

カテゴリー: Raspberry Pi パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください