ロードノイズ低減プレート装着

エーモンのロードノイズ低減プレートを装着してみました。
ロードノイズ低減プレートM8用
装着箇所は推奨されているフロントシートとフロントショック部の2箇所です。
F6Aな軽はフロントシートは1脚分でM8x4個とM12x1個で固定されていました。
M12サイズのロードノイズ低減プレートはありませんのでその箇所は装着をあきらめました。
そしてフロントサスペンションの上部です。
こちらは片方のサスペンションがM8x2で固定されていました。
リアについてはサスペンションの構造が装着に適さないと書かれていました。そのため未装着です。
プレートの装着は非常に簡単でボルトまたはナットをゆるめてプレートを挟み込み再度締め直すだけです。
クルマのねじ類は比較的硬めに締められている場合が多いのでボルトやナットのためにもソケットレンチで作業する方が安心です。

効果のほどですが、製品のウリ文句の通り本当に振動を吸収している事を実感できます。
劇的ではありませんが確実にクルマが乗りやすくなります。

ロードノイズ低減プレートと同じ機能を有するものに大同特殊鋼の制振合金 スターサイレントというものがあります。
同じ物のような気がしますが直接的に同じものだという根拠は見つかりませんでした。

カテゴリー: クルマ関連 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください