M5Stamp C3とM5Stamp C3U

M5Stamp C3とM5Stamp C3UはESPRESSIF ESP32-C3 RISC-Vマイコンを搭載するモジュールです。
ESP32-C3はシングルコア、動作クロックも160MHzで、ESP8266の後継の色が濃い様なマイコンです。

M5Stamp C3とM5Stamp C3Uの違いは以下の表の通りです。

モデルマイコンIO数ボタンIOUSBチップUSBインターフェース機能価格
M5STAMP-C3ESP32-C313G3CH9102Download / SerialUS$5.78
M5STAMP-C3UESP32-C314G9Download / JTAG / CDC SerialUS$5.50

価格は5個売りの1個単価としています。

どちらを選ぶかですが、価格差はほぼ無いので、無難なのはUSBチップの乗っている「STAMP-C3」方だと思います。

M5STAMP-C3U でプログラムダウンロードモードに入る方法

  1. M5STAMP-C3Uの電源を切ります
  2. センターボタン(G9)を押したままPCに接続します
  3. USBポートとして認識されればプログラムダウンロードができます

または

センターボタン(G9)を押したままリセットボタンを押すことでもUSBポートとして認識されます

M5Stamp C3U でUSB CDCを有効にする方法

デフォルトではUSB CDC(Universal Serial Bus Communications Device Class)は有効になっていません。C3UのシリアルポートをUSB経由でUART0としてスタートさせるには、IDEを使用してプログラムオプションをダウンロードする前にオプションを有効にしてUSB CDCにしてください。
(Arduinoユーザーはツールメニュー>USB CDC on Boot-Enabledで有効にできます。IDFユーザーはESP IDFオフィシャルドキュメントを参照してください)

カテゴリー: ESP32 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください