USBモバイル電源改造

以前に手に入れたUSBモバイル電源はどうやらApple製品の充電用として作られたものらしくAndroid系の機器では急速充電出来ませんでした。(この電源の+D-D端子は電圧がかかる仕様でした)
この電源の出力は1000mA MAXです。Apple製品に使うならばなんら問題は無く使えると思います。
2 x 18650 Powered Backup Battery Case w/ 1-LED / USB Port for Cell Phone + More - White
そこでこの電源を改造してAndroid系機器でも急速充電出来るようにします。

改造自体は簡単です。
Apple充電仕様の物は出力の5Vを分圧して2.0Vや2.8Vを作り+D-D端子に電圧をかけています。
今回の充電器は4つのチップ抵抗でその回路を構成していました。

1.分圧回路を構成している4つのチップ抵抗を外し
2.USB端子の+D-Dをショートさせる
充電器改造図
この2ステップのみです。
これでAndroid系機器で急速充電出来るようになります。
写真は改造済みです。

この充電器は電池のカバーを開けるとそのまま基板が見え、更に上記改造を行う分圧部分のパターンがそのまま見えているという非常に改造しやすい作りです。

カテゴリー: Android, DealExtreme パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください