オルタネーターベルト破断

年季が入りきったF6AのNA仕様のクルマで高速道路を走行中にオルタネーターベルトが破断しました。
前兆は無くいきなりの破断です。
何か路面にあるものを踏んでしまってしまった様な音に思えましたが、なかなか音が治まりません。3分くらいは音が続きました。
何か大事が起きた感があるのにハンドルにも違和感は無く、エンジン音にも特に変化はありませんでした。
そのうちにインパネの中のバッテリーマークが点灯している事に気がつきました。
高速道路を走行中だったのでその場で止まることも出来ず最寄りのICで降りました。
安全な場所に車を止めてボンネットを開けて何が起きたのかを確認してみると、オルタネーターに掛かっているはずのベルトが跡形も無くなっていました。
原因の確認のために一度エンジンを止めてしまった事に少し後悔しつつエンジンを再起動してディーラーを探します。
クルマがバッテリーの力だけでどのくらいの時間走れるかもわからず、非常にドキドキしながらの移動でした。
後から距離を測ってみると事が起きてから15Kmくらい走りました。
結局なんとか無事にディーラーに到達できました。
ディーラーの方にお話を聞いた所、電装品をなるべく使用しない状態で1時間くらいは走行できる様です。
ナビ、オーディオ、エアコンを切ることでバッテリーを延命出来ます。
ベルトの手持ちはないとの事で入院になってしまいました。

写真は事が起きる前のベルトが有った時の写真です。

カテゴリー: クルマ関連 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください