WordPressをバージョンアップ (Version4.7.5へ)

WordPressをWordPress 4.7.5にバージョンアップしました。

No Comments »

HA36Sで使用出来る防眩機能付きルームミラー

HA36Sで使用出来る防眩機能付きルームミラーがあります。(RBS非装着車のみです)
84703-81A14-6GS が最新の品番で 84703-81A13-6GS、84703-81A12-6GS、84703-81A11-6GS が以前使われていた番号の様です。
元々はジムニー、クルーズ用の様です。
HA36Sのオリジナルの品番は 84703-74P00-6GS です。

HA36Sにこのミラーを付けると2つ良いことがあります。
1つ目は、もちろん防眩機能が使えるようになります。
2つ目は、ミラーが少し顔から遠くなります。

ミラーを交換する際にはネジは2本ですがNo.3という太いドライバーが必要です。
かなり固く締め付けられているのでちゃんと用意した方が賢明です。

HA36Sにはレーダブレーキサポート(RBS)の設定があり、フロントガラスについている装置を避けるためにミラーの位置が手前側にあるのです。

No Comments »

HA36Sで使用出来る間欠間隔調整機能付きワイパースイッチレバー

HA36Sで使用出来る間欠間隔調整機能付きワイパースイッチレバーがあります。
元々はソリオ用との事ですが 37310-74P20 がHA36Sにも取り付け出来ます。
全く加工、改造は不要で、オリジナルの 37310-74P10 を取外し、37310-74P20 を取り付けるだけです。
交換しても長さも形も色も違和感は無くきちんときれいにおさまります。
入手はディーラーからでも、Amazonからでも出来、非常に容易です。

なぜ、ワイパースイッチレバーを交換すると間欠調整機能付きになるのか?ですが、ワイパーの間欠動作の動きを制御しているのがスイッチレバーそのものであるからなのです。
スイッチレバーはあくまでも機能ON/OFF/切替だけのイメージがありますが、このレバーの中に制御回路があり間欠動作のタイミングを作っています。ウォッシャ液噴射後のワイピング動作もスイッチレバーが行っています。
意外とこのレバー、高機能です。

No Comments »

WordPressをバージョンアップ (Version4.7.4へ)

WordPressをWordPress 4.7.4にバージョンアップしました。

No Comments »

ESP8266でタイマー割り込み

ESP8266で使用出来るタイマー割り込みはいくつかあるようですがOS経由のタイマー割り込みを試してみました。
最小のコードは以下の通りです。
注意点はタイマー関数中(このコードではtimerCallback())でシリアルを使用してはいけません。
グローバル変数に痕跡を残し、loop()側でハンドリングする方法を取る必要があります。
WiFiで通信中でもちゃんとタイマー割り込みはかかってくれます。

extern "C" {
#include "user_interface.h"
}

os_timer_t myTimerFunc;

void timerCallback(void *pArg) {
// タイマーで実行
}

void setup() {
os_timer_setfn(&myTimerFunc, timerCallback, NULL);
os_timer_arm(&myTimerFunc, 1000, true); // 1000msec毎実行
}

void loop() {
yield();
}

No Comments »

スズキ純正部品がアマゾンで買える?

どうやらスズキ純正部品がアマゾンで購入出来るようになっているようです。
一般人が必要とする物だけでなく細かなパーツも購入できそうです。
ただし、シート類など大型のものは扱っていない様です。
販売はAmazonとなっています。
値段も、数千円以上のものはディーラー等で注文する価格と同じで送料込みです。数百円のものは割高な価格設定になっていそうです。
とはいえ、品番がわからなければ検索すら出来ません。この点は難易度は高めとなるでしょう。

No Comments »

WordPressがバージョンアップ (Version4.7.3へ)

WordPressがWordPress 4.7.3にバージョンアップされました。

No Comments »

ESP8266+Arduinoでメール送信

ESP8266+Arduinoでメール送信をするコードを書いたときの覚書です。
メール送信は通常SMTPサーバーに送信を依頼しますが、過去のスパムメール対策の結果SMTP認証(SMTP Authentication/SMTP-AUTH)が必須になりつつあります。
基本的な認証方式として、LOGIN,PLAIN,CRAM-MD5,DIGEST-MD5があるようです。
SMTPサーバーがどの様な認証に対応しているかは、SMTPサーバーに接続すると
250-AUTH PLAIN LOGIN
の様な形で認証対応できる方式を応答してきます。
他の独自認証方式が実装される場合もあるようです。
LOGIN認証はアカウント名、パスワードをBASE64でエンコードして送信します。


C:AUTH LOGIN
S:334 VXNlcm5hbWU6
C:dXNlcm5hbWU=
S:334 UGFzc3dvcmQ6
C:cGFzc3dvcmQ=
S:235 2.0.0 OK Authenticated

PLAIN認証は¥0+アカウント名¥0パスワードをBASE64でエンコードして送信します。


C:AUTH PLAIN
S:334
C:dXNlcm5hbWVwYXNzd29yZA==
S:235 2.0.0 OK Authenticated

PLAIN認証とLOGIN認証は、アカウント名とパスワードを単純にBASE64エンコードした文字列を認証に使用しているため、盗聴されるとアカウント名とパスワードが見られてしまいます。
SMTPサーバー環境に依存しますが、SMTP over TLS/SSL接続で使用することが望ましいです。

エラー処理もせず、英数字だけのメールを送るならば意外と簡単な手順でSMTPサーバー経由でメールを送れます。

No Comments »

WordPressがバージョンアップ (Version4.7.2へ)

WordPressがWordPress 4.7.2にバージョンアップされました。

No Comments »

WordPressがバージョンアップ (Version4.7.1へ)

WordPressがWordPress 4.7.1にバージョンアップされました。

No Comments »

WP Login